足首動きますか?

こんにちは(^^♪ 

自粛で飲みに出られず、エネルギーが溜まりまくりのKANACOです。

今回は、足首について書きたいと思います。

足首が固いだけで、姿勢や腰痛など、カラダへの影響があるって知ってますか?

なぜなら、足首が固いと深くしゃがめなかったり、かかとを浮かせて跳ねるように歩いてしまったり、

身体機能と大きく関係しているからです。

みなさんこんな経験をしたことはないでしょうか?

捻挫をしてテーピングで足を固定されただけで、膝を伸ばしたまま、肩や腰に力をいれてロボットみたいに

歩いたことありませんか?

スキーをした事がある人は経験されてるでしょう!レストランで休憩するとき、スキー靴は緩めていても、

レストランまでの数段の階段を上がったり降りたりするときロボットみたいにカッキンコッキン動きになりますよね?

まさに『それ!!』です(^.^)

普段は当たり前に皆さんは歩いていますが、足首が曲がらなくなると、膝は伸び、股関節も曲げにくくなり、腰を突っ張らせて

ロボットの様にカラダを左右に揺らしながら歩くことになってしまうのです。

人間のカラダは、大きな関節から小さな関節まですべてに役割があって、その関節がちゃんと動くことでカラダはスムーズに

動かせます。若いときはごまかして動かしていても気がつかないですが、年齢と共にそのしわ寄せが腰部や頸椎、股関節痛などを起こしていく原因にもなります。

なので、足首の柔軟は、姿勢や腰痛、頚椎症、アキレス健など、様々なところに大きく影響します。

この機会に、ぜひ、足首のケアも心掛けて下さい(^_-)-☆

おススメ足首のストレッチはこちら↓

 

堀田 佳奈子
加圧コラム ライター:堀田 佳奈子
JHCAフィジカルコンディショナー資格取得(日本ホリスティック協会) 介護予防運動指導員 AFAAプロフェッショナルインストラクター 健康運動指導士 健康運動実践指導者 シナプソロジーインストラクター 加圧インストラクター