腹横筋トレでクビレ造り!!

こんにちは、加圧コラム初登場!トレーナーの昼田です。*^。^*

今回は普段のトレーニングの中でもご要望の多い、お腹まわりの事についてお話したいと思います!
お腹の筋肉は、前面にあり身体を前に折り曲げる時に使う“腹直筋”
側面にあり、身体を横に倒したりひねったりする時に使う“腹斜筋”
そして、その奥にある普段はナカナカ意識する事が難しい“インナーマッスル”で、背骨から内臓を包み込むようについている“腹横筋”で構成されています。

この腹横筋のトレーニングは内臓を正しい位置に保ち、骨盤を安定させる役割もあるのですが、何と!?ウエストのくびれを作るのにもとっても効果があるんです!^^v

私も只今日々実行中~!*^。^*

で、そのやり方ですが、まず床に体育座りをして両手を膝の上に乗せます。
尾てい骨、腰、背中の順に上体を床に倒していきます。
床についたら今度は、反対に背中から順番に床から離して上体をかぶせる様に起こしてきます。
ポイントは、倒れる時も起き上がる時も腰を床に押し付ける様にして、腰を反らない様に気を付けること^^v。
腰を反らせて無理に勢いをつけて起き上がろうとすると、腰に負担がかかるだけでなく
ターゲットであるインナーマッスルをしっかり使えないので、注意しながらゆっくり行いましょう*^。^*

もっと詳しく知りたいという方は、スタジオにて昼田まで!!

犬飼 敏雄
加圧コラム ライター: 犬飼 敏雄
スタジオ358代表 認定加圧トレーナー